2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

ランキング

『地道戦』

2011年6月12日 (日)

『地道戦』後半 感想

 先日、近くの図書館で『地道戦』の上映会やっていたので見てきてしまいましたーsnow

 しかも無料。最近は共産党誕生90年の関連で近くの図書館で良くこの手の映画の上映会やっとるのですよ。 

 いやぁ、せっかくの機会だからちょっと大画面で『地道戦』見てぇ~、と思いまして。。まあ、上映を企画した側は、国民に共産党のすんばらしさを宣伝するのが目的で、日本人オタク女が見に来るとは一ミクロンも想定していなかったでしょうが。

 で、こんな60年代の人民戦争勝利万歳映画(いや、いい映画ではあるのですが)今更無料でも誰も見ないだろうなぁ~、と思って開始時間に行ってみたら予想通り私を入れて5人しか入ってなくて吹いた(しかも一人は日本人だしな)。でもまあ、それでもその後ちらほら見に来る人が増えて最終的には20人前後入りましたが・・・・・・まあ、無料でもこれだけかよって話ですが。


 それはともかく、大画面で見る『地道戦』はやっぱりなかなか良かったです。特に冒頭の緊急事態を告げる鐘の音が村に響き渡る場面、一面の麦畑の穂が風にたなびく中を主人公が負傷した村長を背負って戻ってくるシーン・・・・・・もう不吉さがハンパじゃなくてすごいシーンです。

 でも一番すごいのは、そうやって観客の不安が極限に達したところで始まる日本軍の侵攻シーン。これは本当に名シーン。

100_avi_000353000_2

 私は今まで多くの抗日モノを見てきて、その中で日本軍の残虐行為を克明に描く作品も見てきましたが・・・・・・でもそれらと比べても『地道戦』のこのシーンは印象に深く残ります(<戦闘シーン>では『狙撃手』の11話~12話が屈指なのですが)。べつに『地道戦』は他の作品と比べて日本軍の残虐シーンを克明に描いてはいないのですが(むしろ描いていない)、この日本軍が「突撃!」の声とともに大挙して平原を駆け抜けていくシーンがもうゾクゾクするほど怖い。しかも白黒映像なんでかえって臨場感がすごいことに・・・・・・。住民にとっていかに日本軍が恐ろしい存在だったが、百の残虐行為を描くよりも、この進撃シーンが如実に語りつくしているのですよ。大量の火薬や流血に頼らなくてもそういうのは表現できるのです。

100_avi_000371450_2

 後で書きますが、最近この映画『地道戦』をリメイクしたTVドラマ『地道戦』を見たのですけど・・・・・・やはりあの冒頭の日本軍進撃シーンははずせないシーンであったのか、第一話で展開から構図まで忠実に再現しようとしていました・・・・・・でもカラーなのに全然印象深くないんですよね(笑)。

 で、映画を通しで見た感想ですけど、全体として良い出来であるという評価は変わりませんが、やはり冒頭のインパクトが強すぎるのか、どうもだんだんと勢いが失速している感は否めなかったかなぁ、と。特に中盤はちょっと中だるみ気味になりましたね。



 と、前フリが長くなりましたが、長らく遅れていた映画『地道戦』レビューの最後、後半の感想を書いていきます。


※以下、映画『地道戦』のラストまでのネタばれを含みます。

続きを読む "『地道戦』後半 感想" »

2011年5月30日 (月)

『地道戦』後編 あらすじ

あらすじ



Cap998



※遅れに遅れましたが、映画『地道戦』の後半あらすじ紹介です(感想はもう少し待ってください)

今までの記事はこちら↓

『地道戦』総合案内

『地道戦』前半 あらすじ&感想

『地道戦』中盤 あらすじ&感想


※以下には映画『地道戦』のラストシーンまでのネタばれがあります。

 

続きを読む "『地道戦』後編 あらすじ" »

2010年8月31日 (火)

『地道戦』中篇

あらすじ

 地下道の存在に気づいた日本軍は、地下を煙攻めにし、林霞たちは穴を布団などでふさいで煙の侵入を阻止する。だが、日本軍は今度は大量の水を流し込んでくる。

Cap914

 住民の隠れる地下道に水を流し込む日本軍

 このままでは全員溺れ死んでしまう、と民兵隊長の高伝宝は、屋内のカマドに設けた入り口から皆を地上に逃がすことにする。出口のある家は日本兵が占拠し、カマドを使って略奪した食料を調理していたが、高伝宝は外の日本軍に気づかれることなく彼らを倒す。

 一方、高平庄が包囲されたことを知った越区長は、彼らを救うため周辺の村の民兵を総動員して「麻雀戦」を発動。「麻雀戦」で日本軍が混乱する隙をついて、高伝宝は山田指揮官を狙撃し、負傷させる。山田は復仇の念に燃えるが、ひとまず退散する。

Cap1037

 高平庄を救うため、近隣村の民兵らによって麻雀戦が発動される

 期待をかけていた地下道がかえって危険だったことに落ち込む高伝宝。しかし、もう一度毛沢東の「持久戦論」を読み直し、ただ隠れるためだけに地道を使うという消極的な考え方が間違っていたことに気づく。高伝宝は地下道を隠蔽だけでなく、積極的に攻撃のために使え、さらに防毒,防水,防火などの「五防」を備えた高度なものに改造することにする。

 村人たちの工夫で、地下道も村も攻撃にも防御にも適したものへと生まれ変わり、趙区長は彼らを褒め、さらに作業を助けるため「武工隊」を派遣するという。

 しばらくして「八路軍武工隊」を名乗る6人の男たちが村にやってくる。歓迎する村人たち。しかし、彼らは傀儡軍の湯司令によって地下道の構造を探りに来た漢奸の偽武工隊であった!

 高伝宝は彼らが偽者だと見破るが、冷静を装い、地下道を見せて欲しいという欲求をかわす。そこに偽武工隊と連動して日本軍の部隊が村を襲いに来る。高伝宝はうち3人を地道の中に招きいれて倒すが、地上の三人が民兵や新村長の林霞を人質にとってしまう。

 だがそこに趙区長と崔連長が本物の武工隊を率いて現れ、偽武工隊を捕らえ、日本軍を追い返す。村に残った崔連長は日本軍の報復に備え、高伝宝らと迎撃態勢を整える。




感想

 前回、村を救う希望となるはずだった「地道」は、あっさり日本軍に弱点を看破されてかえって村人を危機に陥れてしまった。だが、失敗したからと言って、必ずしも間違いだったわけではない、やり方がまずかったのだ。

①「秘伝の書」から秘策を得た!→②実行してみた→③失敗した!→④この方法はだめなのかと落ち込む→⑤いや、もう一度「秘伝の書」をよく読んでみよう→⑥改良だっ!

という展開。定石しか踏んでいないが、物語としてメリハリのある実に良くできた骨組みではないだろうか? 一言付け加えるなら、秘策がいきなり失敗するのではなく、一度は大成功を収めるが、二度目はパワーアップした敵に破られこちらも改良を迫られるという展開の方がきれいに決まったような気がする。

さて、今回の見所は。



見所1、ストーリーを盛り上げる麻雀戦の発動。

 高平庄が日本軍に包囲されたことを知った趙区長は急遽近隣の民兵を招集し、麻雀戦を発動することにする。

 すでに地道が失敗した高平庄は自力での状況打開が不可能。その彼らを救うべく趙区長が命令を下し、各村の民兵がいっせいに行動を起こして、日本軍をかく乱するシーンの盛り上がりっぷりは見事だった。

 ところで民兵たちにはまともな武器がない。なので、できるだけ大声を上げるなどして大部隊を偽装するなどさまざまな方法で日本軍を騙す。

その方法の一つがこれ↓

Cap1038

これは木にドラム缶(ブリキ缶?)を吊るし、中で爆竹を爆発させているシーン。なんと、こうすると爆竹の爆発音が銃声のような音になるのだ!


ドラム缶の中で爆竹をすると銃声と同じ音がする。

さすが「軍事教育映画」とも言うべきトリビアである。




見所2、偽の八路軍

 危機を脱し、失敗を教訓に地下道を改良した高平庄を区の隊長らは褒め、彼らの作業を手伝うべく八路軍の武装工作隊(武工隊)を派遣してくれることに。

 ところがその情報が敵に漏れたらしく、この機会に乗じて高平庄の地下道を調べるべく、傀儡軍から偽者の武工隊が派遣されてきたのだ。

Cap1041

本物と見分けがつかない「偽武工隊」 

や、ここで「偽者」ネタを持ってくるとは、これまた定石だが、話が盛り上がることこの上ない。この「偽者」は偽造の命令書まで持っていて、ちょっとやそっとでは見破れない。このまま主人公たちは騙されてしまうのか? と観客をハラハラさせる良い演出である。

 ちなみに「軍事教育映画」的には「スパイには気をつけましょう」というメッセージなのだろうか?

 

 さらに、偽武工隊の一部は地下道に招きいれ、そこを利用して倒したはいいが、地上では女性村長の林霞らが人質に!

 その危機を解決したかと思ったら、今度は再び日本軍が大挙して村に押し寄せてきた!

 と、畳み掛けるように危機的展開が続くのも、この映画がおもしろい理由だろう。




見所3、なんかかっこいい音楽

 さて、定石を踏みつつ息もつかせぬような展開のストーリーだけでなく、音楽も多いに映画を盛り上げる。

 基本は革命歌っぽいメロディーなのだが、それが中国楽器を用いて、中華風かつ民謡的な音楽に仕立て上げている。これが河北の農村を舞台した戦争映画のストーリーと絶妙にマッチしている。(・・・・・・このへん、言葉で説明してもあんま伝わらないと思うが)

 また要所要所で2つの挿入歌も歌われる。

 一つは『毛主席的話児記心上(子どもたちよ、毛主席の話を心に刻め)』・・・・・・はかなり本気でどうでもいいとして、二曲目の『地道戦』が流れるシーンの盛り上がりぶりは異常。中国で映画関連の名曲の一つとされるのも納得。



おまけ

Cap1040

あいかわらず、主人公の妹の萌えっ娘ぶりが異常だ。村の女たちに子ども扱い(子どもだが・・・・・・)されてふくれっ面になる場面なんか時代を先取りしすぎかと・・・・・・。




地道百景2

 
↓は物語中盤で示された、「地道」設計図。

Cap918

地上から降りてきた敵は側面の隠し穴から攻撃する、落とし穴を設ける、煙を遮断する、流し込まれた水は井戸に流れ込むようにする、井戸の水を汲み上げる機械を使って土を排出・・・・・・などさまざまな工夫が見られる。

Cap919

さらに村それ自体をそこに踏み込んだ敵に対する「罠」に改造。家々の壁はもちろん、屋根や井戸にさえ設けた射撃口で四方八方から敵を狙撃。しかも狙撃者は危険になれば各家に作った地下道を通じて別の家に移動し攻撃を再開するので、敵はその姿さえも見ることができない。

Cap916

↑落とし穴の底で罠を作成中。

Cap1043

↑実際の地下道の断面図。敵をこの複雑な地下道の中に誘い込んで倒すこともできる。



歴史解説

麻雀戦とは?→民兵が用いた戦術。数人の小グループを何組も作り交代で延々とヒットアンドランを繰り返し敵を疲弊させる(民兵に振り回されて疲弊したところを正規軍が攻撃する)、大声や爆竹などで大部隊を偽装し敵を驚かせて撤退させる、偽の攻撃を繰り返す(そして敵がどうせ今回も脅しだろうと油断したところで正規軍が本物の攻撃を行う)、など貧弱な武器で日本軍をかく乱する臨機応変な作戦全般を指す。

武工隊とは→今度調べます・・・・・・(なんとなくわかるが説明できるほどではない)

2010年8月23日 (月)

『地道戦』前半

※本作品の紹介では、緑=抗日側、赤=実在人物、青=日本軍,傀儡軍の人物を示します。


あらすじ

 冀中(河北省)平原のとある農村・高平庄。異変を感じた村人たちは、即座に非戦闘員は避難体勢を、民兵は戦闘体勢を整えた。

 その時、会議のために外に出かけていた村長が民兵に担がれ戻ってくる。

Cap102

風に揺れる一面の穂が印象的なシーン

重傷の村長は日本軍の大掃討が始まったことを伝え、一冊の本を渡し、あくまで抵抗を続けることを訴えて息を引き取る。村人たちは村長の思いを継ぎ、戦闘に備える。

 1942年、太平洋戦争の勃発に伴い、戦争のための物資の確保に狂奔する日本軍は、冀中の抗日根拠地に「掃討」と言う名の大規模な物資略奪を行い始めた。――すなわち「五.一大掃討」の始まりである。

 圧倒的に優勢な日本軍の攻撃に、民兵たちも非戦闘員を逃がすのに精一杯で、それでも多くの犠牲者が出た。さらに日本軍は拠点として平原各地に砲楼を建て、根拠地を細かく分断。このような状況では遊撃戦を行うのは不可能に近くなった。

Cap10

村に侵攻する日本軍と逃げ送れた村民

 民兵隊長の高伝宝ら村の民兵たちは状況に苛立ち、とりあえず地雷を埋めて日本兵を吹っ飛ばそうとするが、村の婦女救国会の林霞にその軽率な行動を咎める。高伝宝の父・高忠老は、村長が残した毛沢東の抗戦パンフレットと区長からの指示で、村に元々ある単純な地下道を改良して一つにつなげ、地道戦を行う計画を立てる。

 さっそく総出で地下道の改良を進める若者たち。別々に掘っていたのが一つに繋がった時は大いに喜び、また敵に見つからないよう入り口の隠蔽方法などを工夫する。

Cap897

反対側から掘られていた地道と繋がった

 しかし中には牛娃のようにこのような作業に疑問を持ち、戦闘を希望する者もいた。

 地道が完成すると、婦女救国会の女性たちはその効果を示すため、地道を使って高伝宝をからかい、牛娃も地道の効果を理解する。

 日本軍に協力する偽軍の湯指令は、日本軍の指揮官・山田に高平庄が抵抗を続けていることを告げ、山田は夜を待って村を襲うことにする。

 夜、見回りに出ていた高老忠は日本軍が村に侵入したのを見つけ、鐘を鳴らして村人に危険を知らせ撃たれてしまう。村人たちは急いで地下道に避難する。村に一人の姿もないことに山田は彼らが地下に隠れたと推測し、村中を掘り起こすように命じる。




感想

 この映画は非常に続きが気になるように構成され、見るものをしてワクワクさせる要素がふんだんに投入されている。

 そのおもしろさは文字で書き表してしまうと伝わらない、と言よりも拍子抜けするようなものかもしれない。またその「要素」というのも冷静に見れば、実にベタなものだ。

 だがやはり実際に映画を見ていた時には、非常にワクワクさせられた。言ってしまえば、結局のところ人を楽しませる映画の演出とは、ありきたりでベタなネタにしか帰結しないのかもしれない。それでもそれらをこうも巧妙の配置させるのは一筋縄ではいかないし、それをやってのけたこの監督の手腕はやはり賞賛に値する。


冒頭

 OP映像は、カメラが音楽に合わせて複雑な地道の中を突き進んでいくシーン。中国の人々が作り上げた「地道」そのものの迫力とユニークさに加えて、人の心を掻き立てるような勇ましい中国風革命音楽的なBGMが合わさり、見る者の期待を否が応でも煽る演出となっている。このOPだけで掴みはOKである。

 本編は、いきなり危険を知らせる鐘が鳴り響き、村の民兵たちや婦女慌しく広場に集まる・・・・・・・この場面の緊迫感はただごとではない。まさしく日常生活と戦闘生活が容易に交差し入れ替わる「戦場の村」という感じであり、まさに日常から戦闘へ移り変わる瞬間が描かれている。

Cap1023

危険を知らせる鐘が鳴り響く中、集まる男女民兵たち


秘伝の書?

さて、この後、抗日政権の村々の会議に参加していた村長さんが帰ってくるのだが、帰途(会議中?)日本軍に襲われて虫の息。村人たちに一冊の本を託して息を引き取る・・・・・・。

 日本軍の大掃討と高度分散配置に抗日闘争は行き詰まり、高伝宝ら男性民兵らはネガティブな気持ちに・・・・・・そんな時、村長が残した本のことを思い出す。そこにはこの閉塞的な状況を打開する秘策が!!

 や、これなんて少年冒険活劇もの?

 「秘伝の書」とか「謎の巻物」に書かれていた秘策(情報)で状況打開! いいですね、このノリ。しかも「死者が残した」という設定で倍率ドーンです。

 総合案内で「戦前の少年冒険活劇」のノリと書きましたが、別の例を出すと『宝島』的と言ってもいいかも・・・・・・あの作品に「秘伝の書」的ネタがあったかは思い出せませんが(「宝の地図」はあったけど)、雰囲気的には通ずるものがある。

 で、この「村長の残した本」ってのが、毛沢東の『持久戦論』というオチなのですが(村長は会議でもらったんだな)・・・・・・まあ、そのへんはスルーしましょう。



地道百景1

 私がこの映画に魅かれるのは、映画自体の出来の良さもあるが、抗日闘争の研究でやっぱり「地道戦」という闘争形態そのものにも魅かれているというのがある。

 で、映画で描かれた「地道」を3回に分けて紹介したい。

 「地道」は、まず住民の避難用として有ったため、一番身近でばれにくい場所、すなわち自宅のカマドの中に作られた。

 例えば、↓こうして自宅のカマドの中にもぐると・・・・・・

Cap1027

↓馬(ロバ)小屋に出ます(笑)

Cap899

これは便利(?)だ!

 ↓はおもしろシーン

Cap898

サ×エさん!?

ちなみにこの女の子は主人公の妹なのだが・・・・・・何と言うか・・・・・・なかなかステキな妹属性キャラなのだ。おませで気が強くて、からかったりもするけど(上のシーンもそう)お兄ちゃん大好きっ娘。もちろん超可愛い。60年代の抗日映画にこんなすばらしい妹萌えキャラが存在するとは! 侮れない・・・・・・。




歴史解説

5.1大掃討:1942年5月に日本軍が主に河北省の抗日根拠地に行った大侵攻作戦。それまでたびたび「掃討」は行われていたが、この時のものは開戦後最大規模のものであった。これによって根拠地や八路軍は大きな損害を受けた。

 これを期に、日本軍は波状的な掃討作戦を行い続ける。その過程で、いわゆる三光作戦と呼ばれるにふさわしい住民虐殺などが起こった。そもそもこのような「掃討」作戦は抗日勢力の戦力を削ぐというのが表向きの目的ではあるが、実際には(あるいはもう一つの目的として)住民から農作物などの物資の略奪するためであったとも言える。そのため収穫期などに行われることが多かった。


高度分散配置
:日本軍が大掃討とあわせて採った抗日戦力撲滅のための作戦。広大な華北草原の各所に砲楼(大砲などを設置した拠点)を設置した。

 地域によって基準は異なるが、例えば各砲楼間の距離は10キロ以上あるいは20キロ以上離さないものとし、それぞれの拠点に10人~20人(多くて50人~100人)の人員を配置していた。拠点に配置される人員の構成は、日本軍のみ,日本軍と傀儡軍(偽軍),傀儡軍のみ、などさまざまである。これによって抗日根拠地を細かく分断し、各地域を監視する一方村落間の連絡を遮断し、またすぐに「討伐」に動けるようになった。

 「掃討」作戦と併せてこの高度分散配置は、河北の抗日闘争に著しい損害を与え、1942年より2,3年の間、「最も困難な時期」を迎えることとなった。そのため、しばらくの間正規軍である八路軍の活動は抑え、兵士を柔軟な動きができる民兵や遊撃隊に編制し直し、民兵闘争に力を置いた。

 こうして一旦は成功したかに見えた高度分散配置だが、広大な華北平原の無数の拠点を維持するため膨大な人員を必要とし、太平洋戦争末期まで多くの日本兵が中国に釘付けにされる原因の一つとなった。さらに44年以降、少人数しか配置されていない各拠点は、困難期を乗り越え力をつけた八路軍や民兵のかっこうの標的となり次々攻略されていった。

 

2010年8月10日 (火)

『地道戦』総合案内

Cap894

放映:1965年(90分)

製作:八一電影

監督:任旭東

シナリオ:任旭東,徐国騰,王俊益,潘雲山

出演:朱竜広(高伝宝),張勇手(趙平原),劉秀烈(林霞)

評価

ストーリー:★★★★              人物造詣:★★

文学度:★                    エンタメ度:★★★★

萌え度:★★                   総合お勧め度:★★★★★

入手可能なショップ:現代中国映画上映会,書虫



簡単あらすじ
:日本軍の「5.1大掃討」,そして高度分散配置によって根拠地を細断され、かつてない危機を迎えた冀中(河北中部)平原の抗日闘争。高伝宝が民兵隊長を務める村・高家庄では、日本軍の襲撃から避難するため地下道を作った。しかし、その地下道も日本軍に見つかり、危機に陥る。村の民兵たちは発想を転換し、地下道を改造して避難のためではなく積極的に攻勢にでるために使うことにする。



解説,感想:

一言で言おう、おもしろいっ!


うわっ、なんつーか、おもしろい。見せ方も設定も舞台装置も・・・・・・何から何まで理屈なしで作品を盛り上げている。映画見ていて、こんなに素直にワクワクしたのは久しぶりだ。

あえて言うなら、戦前の少年向け冒険活劇モノに似たワクワク感があるんじゃないかと思う(見たことないけど)。もちろん展開やストーリー構成、演出もベタと言えばベタだが、むしろそこがいいのだろう。


テーマが抗日戦争で、しかも製作側はエンタメ作品だとは考えていないみたいだから(←これは近年の抗日モノがもう「エンタメ」としてある程度割り切られて作られていることを念頭に置いて行っています)エンタメとして面白いと(加害者という意味で)日本人として評価するのはいけないとは思うのだが・・・・・・まあ、エンタメとしても充分成功しているのでしょうがない。


ちなみに『地道戦』とは、抗日戦争時代~解放戦争時代に河北省を中心に実際に行われた戦術。河北省は平原地帯が多く、ゲリラ戦にとって重要な身を隠せるような場所が山岳地帯と違って少ないため、地下を利用することにしたもの。詳しくは後で別エントリーに書きます。


あとやはり、文革以前のこの種の映画には一種のすがすがしいパワーがあるなぁ、と思いました。

続きを読む "『地道戦』総合案内" »