2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

ランキング

« 中国各省擬人化設定集紹介 | トップページ | 『狙撃手』11話~13話 BL感想(1) »

2011年12月23日 (金)

映画・ドラマで中国語(5) 戦場で餃子を

 さて、突然ですが昨日は冬の重要イベント・冬至でした。冬至と言えば、ケーキを食べるイベントであるクリスマスももともと冬至祭のことだったとも言われていますね。

 クリスマスと言えば、ケーキを食べる以外には特に何もないイベントですが、中国では冬至の日に餃子を食べます。もしかしたら北の方だけの習慣かもしれませんが、昨日はふだん餃子を扱っていない飲食店でもあちこちで「冬至餃子」が売り出されていました。(もちろん旧暦の大晦日やその他の節目にも食べます)

 と、いうわけで、何かと止まっている記事も多いものの今回は「餃子」にちなんだ言葉・「包饺子」について書いていきます。(以下、めんどいので敬語やめ)


 まず「包饺子」とはなにか、辞書を引いてみると

包bao(1) 饺jiao(3) 子zi(軽)

ギョーザを作ること。

とだけある。ギョーザは餡を皮で包んで作る料理であれば、納得の言葉である。



 が、戦争ドラマを見ていると、絶対に、あからさまに、どー考えても「ギョーザを作る」と訳しては意味不明の「包饺子」が出てくる。


 とりあえず二例ほど。まずは『鉄道遊撃隊』第8話より。

冯大爷“老洪,你们这次的情报送得很及时。咱们苏鲁支队和一一五师的老六团在抱犊崮给鬼子设下了埋伏,鬼子的一个大队让咱包饺子啦”


 重要単語は

・及ji(2) 时shi(2):適時である,間に合う,グッドタイミング

・设she(4):設ける,設置する,計画する

・A让rang(4)B+C:AがBにCされる


 上記は日本軍の八路軍に対する大規模攻撃の情報を掴んだ劉洪が、それを八路軍に報告。そのため八路軍側は逆に日本軍を待ち伏せし大きな戦果をあげた。その勝利を連絡員の馮老人が劉洪に報告に来て、彼の功績を労っている場面である。訳すと


馮老人「老洪、君はまったくいい時に情報を送ってくれた。我らが蘇魯支隊と(八路軍)一一五師団の六団は抱犢崮で待ち伏せを行い、日本軍の一大隊が我々に「包饺子」された」

 となり、「包饺子」の本来の意味を当てはめると日本軍の大隊が八路軍にギョーザを作らされたことになる・・・・・・なかなかシュールな光景だ。しかもこの台詞のすぐ後に、日本軍の戦死者たちの骨壷が並んでいる場面が出てくるからますます意味が不明となる。(ところで「很及时」を「まったくいい時に」としたけど・・・・・・ここ本当は「君は本当にいいタイミングで情報を送ってくれた」とした方がすげーぴったり合うんだけどね。でもさすがに30年代中国の田舎の老人に「タイミング」とかは言わせられないからねぇ・・・・・・)



 続いてもう一つの例をやはり抗日ドラマである『我的兄弟叫順溜』3話より。


 主人公で新四軍の順溜とその上官である陳大雷の部隊がある村で日本軍の攻撃を受ける。順溜たちは善戦するもののどんどん日本軍に追い詰められていく。日本軍はこれで終わりだとばかりに突撃にかかるが、その絶対絶命の場面で都合よく近くを通りかかっていた新四軍の別部隊が救援に駆けつけ、日本軍がまったく警戒していなかった背後からの奇襲をしかける。以下はその場面(ちなみに日本軍司令官の台詞は日本語)

日本軍指揮官「よしっ! 突撃ィィ!!」

新四军部队司令官“同志们! 打!!”

 突然、背後から猛烈な攻撃を受ける日本軍。

日本軍指揮官「慌てるな! 攻撃停止! まず後ろの敵を倒せ!」

新四军部队司令官“同志们!给我冲啊!”

陈大雷“哈哈哈!鬼子把我们包饺子了吧  一分区刘司令把鬼子包饺子了”


  では単語解説。覚えておくと戦場で役に立つ言葉が多い。

・打da(3):打つ,たたく,殴る,攻める,戦う→状況に合わせて、「殴れ」とも「撃て」とも「やれ」とも訳してOKだと思う。

・给gei(3) 我wo(3)~:~しろ(強い命令形で使われる)

・冲chong(1):突撃,突進,突く,ぶつかる

・A把ba(3)+B(目的語)+C(動詞):AがBをCする(Cの状態にする)


 で、これを訳すると

日本軍指揮官「よしっ! 突撃ィィ!!」

新四軍部隊司令官「同志達よ! 撃て!!」

 突然、背後から猛烈な攻撃を受ける日本軍。

日本軍指揮官「慌てるな! 攻撃停止! まず後ろの敵を倒せ!」

新四軍部隊司令官「同志達!突撃ィィ!」

陈大雷「ハッハッハッ!俺たちは日本軍に「包饺子」されたが、日本軍は一分区の劉司令に「包饺子」されたな!」


とまあこうなる。追い詰められたり奇襲を受けたりでどちらもギョーザを作っている場合でもあるまい。



 まあ、ここまで見てきて日本人ならだいたいわかると思うが、これらの場合の「包饺子」とはすなわち「包囲された」という意味なのだろう。それで意味は通る。


 しかし、本当に「包饺子」には「包囲」なんて意味があるのだろうか?百度百科の
包饺子項目を見ても明らかに「ギャーザを作る」という意味しか見当たらない。

 だが少し探してみたところ「被包饺子」という表現も少しだけ散見できるし、なんとか二件だけ「包饺子」の意味を解説している人がいた。

Q:抗战片中看到包饺子,那是什么意思?求解~~(抗日ドラマで包饺子ってあったんだけどどういう意味? 教えて)

A:四面埋伏,一拥而上全歼敌人(四方で待ち伏せして一気に敵を全滅させること)

http://zhidao.baidu.com/question/314863268.html?fr=qrl&cid=204&index=1&fr2=query


 もう一つもう少し詳しいのを

Q:包饺子是什么意思(包饺子ってどういう意味?)

A:地方方言,指的是被团团围住,像包饺子一样,被围剿,被制服(地方方言で、ぐるりと周りを取り囲むことを指す。まるでギョーザを作るように包囲されて討伐され、征服されること)http://zhidao.baidu.com/question/208784785.html


 とあるように「包饺子」とは方言であり、まさしく「包囲」の意味があることがわかった。ちなみに『鉄道遊撃隊』の舞台は山東省,『我的兄弟叫順溜』の舞台は江蘇省。この二つの省は隣あっている。おそらくここらへん一帯かもう少し広い範囲の方言と見ていいだろう。

 ところで中国語では「ジャオズ」である「饺子」が日本語で「ギョーザ」となったのは、山東方言の発音が元になったから、らしい。


 それにしても「包」が「包囲」を指すことはなんとなくわかるが、なぜ「饺子」がつかなければいけないのか?

 もちろん上でも解説されているように「包饺子」は餡を皮ですっぽり包みこんでしまい隙が無い。完璧な「包囲」を連想させる光景ではある。

・・・・・・だが、それよりなにより完全包囲されている危機的状態でも食べ物のことを忘れない、その精神をこそすばらしいと言うべきだろう。



 ちなみにまったく関係ないが、ブログ主は「包饺子」が出来ない。そもそも小さい頃から折り紙の折り方さえもどうしても理解できなかったくらいなのだから、ギャーザを包むなどという芸当ができるはずなかろう。この間ギョーザを作らなければならないことがあったが、どうしても古代の魚のような形にしかならなかった・・・・・・まあ、以前は調理の途中で分解していき、中の餡が包囲を軽々と突破していったのだから、それよりはましになったのだろう。

 では今回はここまで。

« 中国各省擬人化設定集紹介 | トップページ | 『狙撃手』11話~13話 BL感想(1) »

映画・ドラマで中国語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1302395/43486705

この記事へのトラックバック一覧です: 映画・ドラマで中国語(5) 戦場で餃子を:

« 中国各省擬人化設定集紹介 | トップページ | 『狙撃手』11話~13話 BL感想(1) »