2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

ランキング

« お知らせ | トップページ | 紅色経典メディアミックスの系譜 »

2011年11月24日 (木)

『我的兄弟叫順溜』と『戦闘的青春』ゲット

 腰の調子もなんか良くなりかけているんで、地道に更新再開しまふ。


 10月11月もいろいろあって中国を西へ西へ東へ北へと回ってきました。この2ヵ月で回った都市と田舎は合計10ヶ所・・・・・・うちわけは市レベルの場所5ヶ所、県レベルの田舎(中国の行政区分けは省>市>県)5ヶ所、省別に言うと3つの省を(電車とバスで)股にかけてしまった・・・・・・ふう、疲れた。我ながらそんなに回ったかとびっくりだ! もう最近は家にいた日の方が短いかもしれない!

 まあ、やるべきことがあって動き回っているわけで、できれば雪が降り出す前に一通り終わらせたいと思っての強行軍なので、来月半ばまで留守が多く、更新も滞りがちになるかもしれません。・・・・・・だって雪が降ったらもう一歩も外へ出たくないもん!! なんとか12月半ばまでに終わらせて、冬は部屋にこもっていたいよ!! って言うか、本当はもうだいぶ寒いんですでに外に出たくないんだけどね!

 


 さて、先月は1日だけですが北京にも行ってきました。昼間は忙しかったけど夜は時間が空いたので本屋へ。実は長い間『我的兄弟叫順溜』という本と『戦闘的青春』という本を探していて、北京でもその二冊を中心に探し回ったわけです。


 『我的兄弟叫順溜』は2008年に放送されなかなかの高視聴率を獲得した同名の抗日ドラマのノベライズ本です。ドラマ自体はTVで見る機会がなかったのですが、何かと話題になっていたのでDVDは買っておいたのですが、時間がなく長らく未視聴のままでした。ノベライズ本も1年前に広東に住んでいた頃は本屋でよく見かけたのですが、ドラマおもしろいかどうかわからないのに本買うのももったいないと思い、ずっと買わずにいたんですよね・・・・・・。

 ただ、土豆(中国の動画サイト)で流れている片花(ドラマの宣伝用の動画)とか見るとやっぱり相当おもしろそうなドラマなので、これは今は読まないにしろ本は手元にゲットしとくべきだろうと思いなおしまして。ところがいざ本屋に行ってみると・・・・・・無い・・・・・・。私の今住んでいる田舎都市の本屋はもちろん用事で行ったいろんな都市の本屋にもすでに置かれていない・・・・・・ああ、1年前に買っとくんだった!! と後悔しながら探し回っていた本です。


 もう1冊の『戦闘的青春』は初版が1958年発売といういわゆる<紅色経典>と呼ばれる作品群の一つ。

 この作品のことも元々は2009年にTVで放映された同名ドラマを観て知りました。観た、と言ってもほんのちょっとだけで、買っておいたDVDも日本に一度帰った時に置きっぱなしにして観れないまま。でもTVでちょっと観ただけでもこれも相当おもしろそうなドラマだと感じました。内容はと言うと・・・・・・。

 抗日戦争時代、共産党の根拠地でともに日本軍と戦い愛し合っていた一組の男女。しかし、男はやむにやまれぬ事情(詳しくは知らない)で対日協力者となり日本軍と行動をともにし、女は八路軍の女戦士として彼と敵対することに! 抗日のため、恋人の男を倒すことを決意した女。決意は固いがやはり彼への愛は心のどこかに残って彼女を苦しめる。一方で今ともに戦い彼女のことを想ってくれる男同志もいたりする。敵となったかつての恋人とともに戦う戦友、二人の男の間で揺れ動く彼女の愛と戦いの結末は!?

 ・・・・・・みたいな内容(・・・・・・実際には10分くらいしか見てないので違うかもしれない)。ね? すっげーおもしろそうでしょ!? これはなんの少女マンガですか!?

 TVドラマ用のオリジナル作品かと思ったら、最近知ったのだが、ちゃんと原作小説があるもよう。ぜひ原作小説も見たい! と思い、『我的~』とともに探し回ったのですが、この本もどこを探しても無い!

 同じく50年代の出版でも<紅色経典>の超ビッグヒットである『鉄道遊撃隊』や『紅日』、『紅岩』などは重版に重版を重ねて複数の出版社から出ており、どこの本屋や図書館にも常備してある作品だが、『戦闘的青春』はややマイナーなのかどこにも見当たらない。もしかしたら最近は重版自体されていないのかもしれないと思いつつ、『我的~』以上に期待を抱かず北京の本屋にいったのだが・・・・・・。




 ・・・・・・・あったよ。


 
二冊とも!! しかもそれぞれ複数冊!!


 
さすが北京!!! さすが首都様!




 ・・・・・・いやいやちょっと待てよ、北京だからある、じゃなくて北京が独占しているから他の都市の本屋には無いんだな、という見方もできる・・・・・・が、まあどうでもいいや。



 というわけで念願の2冊をゲットできただけでも北京に来て良かったなぁと思いつつ、電車に××時間揺られて、途中でまた1都市によって帰宅・・・・・・で、ハタと気づいた。



 矢野浩二の『大陸俳優』買い忘れた~~。

 ・・・・・・まあ、日本で日本語で発売しているらしいからね、わざわざ中国語で買う必要もないけどね・・・・・・立ち読みくらいはしてくれば良かった・・・・・・。



 というわけでお買い物メモ

・『我的兄弟叫順溜』(朱蘇進/江蘇文芸出版社/29.8元)

・『戦闘的青春』(雪克/人民文芸出版社/27元)

・『大陸俳優』(矢野浩二/ワニブックス/1400円)※中国語版は不明

 

« お知らせ | トップページ | 紅色経典メディアミックスの系譜 »

雑談」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1302395/42775023

この記事へのトラックバック一覧です: 『我的兄弟叫順溜』と『戦闘的青春』ゲット:

« お知らせ | トップページ | 紅色経典メディアミックスの系譜 »