2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

ランキング

« コメントレス(10月30日追記) | トップページ | 『狙撃手』12話後半~13話 感想 »

2011年10月30日 (日)

映画・ドラマで中国語(4) 義兄弟の契りを結んでみよう!

 え~と・・・・・・もう誰もが忘れ果てているシリーズ、×ヶ月ぶりの再開です。

 別にブログ主は忘れていたわけじゃありませんが、やるタイミングがつかめなかったもので(更新の遅れ&紹介ドラマ中で適当なセリフがない)。


 ともかく、今回は実践的な言葉を覚えてみましょう。中国人、特に男性と男同士の交流をする上で知っておくと便利な「義兄弟の契り」を結ぶ時に役立つセリフを紹介します。

 「義兄弟」。『三国志』の劉備・関羽・張飛の桃園の契りを持ち出すまでもなく、「義兄弟」文化は中国の男性文化の中に深く根付いてます、何かと言うとすぐに義兄弟になります(ソースは私の脳内です)。中国で暮らすあるいは働く日本の男性諸氏はこのことを深く理解して、これぞという中国人男性と出会ったら、義兄弟になってみましょう。きっとあなたの中国ライフがより充実したものになるはずです。ちなみにブログ主は女なので特に関係ありません。

 しかしいざ義兄弟の契りを結ぶ時に何と言っていいかわからないのではかっこう悪いですよね。下で紹介するのはあくまで一例ですが、覚えておけば役に立つことでしょう。ちなみに義兄弟になる際には、他にギャラリーのいないそれなりに印象深い場所(桃園とか)で、誓いの言葉を言い合いながら用意した酒で乾杯したり(この時、中の酒が飛び散るくらい強くぶつけ合うのがポイント)指を切ったりするようです。


 紹介に使うのはTVドラマ『鉄道遊撃隊』5話より。主人公の劉洪が、幼馴染の男たちを集め、「義兄弟の契り」を結んで初歩的な抗日地下グループを結成するくだりより。

劉洪“弟兄们。上有天下有地,今天咱六位弟兄在此结义。我刘洪把酒问誓只要我刘洪有一口吃的就决不会让弟兄们受委屈”

王强“有福同享有难同当,誓死不当亡国奴”

彭亮“谁要是背叛众兄弟,五雷轰顶天诛地灭”

林忠“不求同年同月同日生,但求同年同月同日死”

小坡“我是各位哥哥带大的,你们就是我的生身父母,以后你们让我小坡干啥我就干啥”

鲁汉“洪哥,你说干啥吧,俺鲁汉决不装熊”

Cap1304_2

・・・・・・・・ふう、あんたらも大概熱いな・・・・・・。

 それでは気を取り直してポイントとなる単語をいくつか解説。解説しなかった単語の読みは契りの場に行く前に各自で確認してください。

・结义 jie(2)yi(4)  :義を結ぶ→契りを結んで義兄弟(姉妹)になる。结拜 jie(2)bai(4) とも言い、このため義兄弟のことを结拜兄弟とも言います。

・只要・・・就~ zhi(3)yao(4)・・・jiu(4):・・・でさえあれば~する

・一口吃 yi(4)kou(3)chi(1):ひと口で。(この言葉の訳は辞書に載ってなくて困ったが、たぶん 「一口」と同じ意味。ただ、この場合「ひと口」の対象が「酒」なので「吃」ではなく「喝」のはずなのだが・・・・・・よくわからん)

・让 rang(4):人に~させる

・受委屈 shou(4)wei(3)qu(1):不満な状態に置かれる,いじめられる,くやしい思いをする,免罪を蒙る

・享 xiang(3):享受する

・当 dang(3):①(負担や責任を)負う,堪える ②(ある役目や職業に)なる,担当する

・誓死 shi(4)si(3):死に誓って、命にかけて

・谁 shei(2):誰、誰でも

・要是 yao(4)shi(4):もしも

・背叛 bei(4)pan(4):背く,裏切る

・五雷轰顶 wu(3)lei(2)hong(1)ding(3):非常に大きな打撃を受けるたとえ→この場合、厳しい制裁を与える、の意味?

・天诛地灭 tian(1)zhu(1)di(4)mie(4):天誅が下り滅びる。同じ意味で、天杀的 tian(1)sha(1)de、がある。

・同年同月同日 tong(1)nian(1)tong(1)yue(4)tong(1)ri(4):同年同月同日(そのまま)

・干啥 gan(4)sha(1):~をする

・装熊 zhuang(1)xiong(2):弱みをみせる(クマになる・・・わけではありません)

・熊 xiang(2):無能,臆病(この場合、こちらの意味に近いかな?


 単語はだいたいこんな感じ。次に句を見てみましょう。

我把酒问誓

・・・・・・いきなり「把構文」か・・・・・・。「把構文」はわけわからないですよね。いや、読む分には問題ないけど、説明するとか自分で書く時に使うとかはねぇ。

 え~と、中国語の文法は、「主語+動詞+目的語」が基本となりますが、この「把」を用いますと、「主語+把+目的語+動詞」となります。この例句も「我问誓酒」が「我把酒问誓」となります。「私はこの酒に誓う」みたいな感じですかね?

 この「把」は一定の条件の中でしか使えなかったと思いますが、その条件とは何ぞやとか、どうして順序を変えなくてはならんか? という疑問に対する説明は・・・・・・私の中国語理解力をはるかに上回るので割愛させてください。


只要一口吃的,就决不会让弟兄们受委屈

 「只要A就B」は、「Aという条件ならBをする」という中国語で頻出の文法表現です。

 この場合「A」とは「一口吃的(一口で)」であり、この前に「酒」の文字がありますので、「この酒を一気に飲み干す」ことを指します。

 「B」は「决不会让弟兄们受委屈(絶対に兄弟たちを不当に扱わない)」で、つまり誓いの酒を飲み干した瞬間から、劉洪は兄弟たちを不当に扱ってはいけないということになるわけです。

 訳する場合、「この酒を一気に飲み干した後は、決して兄弟たちを不当に扱わない」だと不自然ですので「この酒に誓う、以後、この劉洪は兄弟たちに対し決して不当なまねはしない」ぐらいでいいんじゃないかと思います。


二つの「当」

 王強の台詞「有福同享有难同当,誓死不当亡国奴」の中で「当」という言葉が二回使われていますが、この二つはそれぞれ別の意味を持ちます。

 まず「有难同当」の「当」は、「困難なことがあれば共にこれに当たる」という意味で、「苦難や責任を負う」という意味の「当」です。

 一方「不当亡国奴」で使われる「当」は、「ある役目や職業に就く」の「当」です(私が見るドラマではよく「当兵(軍人になる)」という言葉が出てくる)。この場合、「当」の前に否定形の「不」がつきますので「亡国奴にはならない」という意味になります。


干啥就干啥的

 この場合の「就」も上とほぼ同じ。ある条件下ある結果が起きることを言います。

 この場合、「干啥(みなが何かをやれと言えば)」が条件にあたり(何をやるかはこの時点でわからないので干の後に啥がつきます)、二回目の「干啥(何でもやる)」がそれを受けて発生する行為・結果となります。

 つまり「みながやれと言ったことは何でもやる」というふうに訳せばいいでしょう。

 ちなみに「就」の用法は山ほどあり

你们就是我的亲身父母

の中で使われている「就」は「限定・または強調」の「就」なのです。本当は「你们是我的亲身父母(あなた方は私の本当の父母です)」と「就」抜きでも問題無い文なのですが、「就」をつけることで、「あなた方」がどういう存在であるか=自分にとって父母も同然だという小坡の気持ちがより強く相手に伝わるのです。


そういうわけで以上を踏まえて日本語に訳すと

劉洪「兄弟たちよ、上に天あり、下に地あり。我々六人は今この時より義を結んで兄弟となる。我、劉洪はこの酒に誓って言う。以後、兄弟たちに対し決して不当な取り扱いはしない、と」

王強「喜びも苦しみも分け合う。決して亡国奴にはならない」

彭亮「もし誰かが兄弟たちを裏切れば、必ず厳しい制裁、天誅を下す」

林忠「同じ年同じ月同じ日に生まれることは叶わずとも、ただ同じ年同じ月同じ日に死ぬことを望む」

小坡「俺はここにいるみんなについて大きくなりました。あなた方はすなわち俺の本当の父母も同然です。あなたがたがやれと言ったことは何でもやります」

魯漢「洪の兄貴。あんたが俺に何かを命じたなら、俺は絶対に意気地のねぇとこは見せねぇ」

・・・・・・とまあ、こんな感じ。


 林忠の「不求同年同月同日生,只求同年同月同日死」は言わずと知れた『三国志』の桃園の誓いの台詞。訳文もそのまま使いました。せめて義兄弟の契りの際にはこれくらいは言いたいものですね。しかも日本人があえてこんなこと言ったらきっとポイントも高いでしょう。でも人気のある台詞だと思うので、複数間で契りを結ぶ際には先に誰かに言われてしまう危険性も大。

 王強の「有福同享有难同当」とはつまり結婚式の「病める時も健やかなる時も」的な何かです(違う)。もし複数間ではなく、一対一で義兄弟の契りを結ぶ時に使うととってもロマンチック。

 彭亮の「谁要是背叛众兄弟,五雷轰顶天诛地灭」は、いわゆる兄弟の義を裏切るものは許さないという宣言ですが、義兄弟関係を結ぶ相手やなぜ義兄弟関係になるかの趣旨(マフィアとか)によっては裏切ると本当に死の制裁を受ける危険がありますので、裏切りはやめましょう。ちなみにこの台詞を契りの場で言うと覚悟のほどを認めてもらえるかもしれませんが、いざという時裏切り者を粛清する役が回ってくることもあります。

 また、やや時代がかった台詞や「上有天下有地」「有福同享有难同当」「不求同年同月同日生,但求同年同月同日死」などのように似たような言葉を重ねたり、前後が対の意味になるような台詞を言うのも定番のようです。


 というわけで「義兄弟の契りを結ぶ時に役立つ中国語」でした。・・・・・・まあ、今時ここまで仰々しい儀式をするのは黒社会やら反政府組織やらくらいかもしれませんが、もしそういうのに参加したい人の参考になれば幸いです。


※ちなみに現代では「心の兄弟」的な義兄弟(?)が一般的なようです。先日、とある中国人男性が自分の大学時代の先輩のことを語っていたのを聞いたのですが、彼はこう言いました。

「その人と出会った時、ああこの人は私の兄さんだ、と思った」

 ・・・・・・そうですか、そうなんですか、そうなんですね? 私が心の中で悶えていたことはナイショです。

« コメントレス(10月30日追記) | トップページ | 『狙撃手』12話後半~13話 感想 »

映画・ドラマで中国語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1302395/42758912

この記事へのトラックバック一覧です: 映画・ドラマで中国語(4) 義兄弟の契りを結んでみよう!:

« コメントレス(10月30日追記) | トップページ | 『狙撃手』12話後半~13話 感想 »