2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

ランキング

« 『狙撃手』9話~10話 BL感想 | トップページ | まさかの『建党偉業』日本公開(10月2日追記) »

2011年9月27日 (火)

コメントレス3件

 怒涛のような日々を過ごしているうちに、中国人たちが月餅を抱えて道を往来する中秋節も終わってしまいました。あれは日本のクリスマスイブの路上でクリスマスケーキを持って帰宅する人々の比ではない規模ですね。

 私、小さい頃にものすごいまずい(吐きそうになった)月餅を食べて以来、月餅は避けていたのですが、最近その味に目覚め中秋節前後には毎日食べていました(でも他の食品と比べて割高なのであまり買えませんが)。・・・・・・まあ、あのまずかった月餅も本当にまずかったのか、単に甘い系ではなく木の実を砕いた餡が子どもの味覚に合わなかったのか、今では定かではありませんが・・・・・・。



 でも、もっと(私にとって)重大な日をうっかり今日まで忘れ果てていました。



 
林彪の命日(9月13日)過ぎているやん!!!



 しかも今年は
没後40周年というキリの良い年! 私何を勘違いしていたのか、去年が林彪の没後40周年だと思い込み、去年の今頃、「ああ、今年は没後40周年なのに何もできなかった」と思っていました。そして今年は41周年だと信じていたけど、よく考えたら今年が40周年でしたね。

 うううう、せっかくの節目の年なんだから9月は「林彪特集」やれば良かった・・・・・・8月の末に「(没後41周年だと勘違いして)特に節目な年じゃないけど林彪事件の9月だし、特集しようかな」とちょっと思いましたが、時間も無いしそのままにしてしまった・・・・・・


 それにしても毎年この時期はなぜか忙しいので、いつも林彪の命日を忘れてしまいます。・・・・・・満州事変の日(9月18日)はいつも忘れないのですけどね。にしても今年は辛亥革命100周年(10月)、中国共産党成立80周年(7月)、満州事変勃発70周年、林彪事件40周年と目白押しですね。


 さて、この間コメントを3件いただきましたので、遅ればせながらお返事します。そのうちずっと前にいただいた1件は、いただいた方のブログに直接お返事してすませていましたが、やっぱり改めてこちらでも簡単にお礼申し上げます。




>9月3日、「『狙撃手』総合案内」にコメントくださった方

 そちらのコメント欄でもお返事しましたが、改めてこちらでも。

 ご紹介くださりありがとうございました。あれからそちらのブログから来てくださる方がぼちぼちいます。私自身もブログ以外で知り合い何人かに布教しましたが(笑)、『狙撃手』ファンや矢野浩二氏のファンがもっと増えれば嬉しく思います。月末なので、本の発売もそろそろですかね。

 そう言えば、この間知り合った中国人から「日本人なら矢野浩二って知っている? 日本国内でも有名?」って聞かれました。その子は特に日本ファンというわけじゃないのですが、やっぱり中国人の間で有名なんですね。




>9月21日、「『建党偉業』レポ2」にコメントくださった方

 ご無沙汰しています。

 『建党偉業』のDVDご覧になられたのですね。私も欲しいのですが、田舎なのであんまり売ってないのですよ。映画の上映期間中に10元で出ていた海賊版は見かけたことあるんですけどね(ちなみに映画は38元,正規のDVDは30元くらい?)。ネットで見ようとすると恐ろしく重いですし。1回見ただけでレポ書いたので、なんか間違いだらけだったんじゃないかとドキドキです。

 やっぱり袁世凱の描き方は好意的ですよね。あれはなんなんか、ちょっと不思議です。あの手の映画でああゆうふうに描かれるということは、やっぱり何かのメッセージなのかなぁ? と思ったり。

 で、朱徳役の人は若い頃の朱徳に似ているのですか!? あんなに若い頃の朱徳ってあんまドラマにも出てこないので(たいてい南昌起義の後から)新鮮でした。

 そして、馮国璋役の馮巩って本物の馮国璋のお孫さんなのですか!? それはびっくりです。今、百度で調べたら確かにその通りでした。政治協商会の政治家でもあるんですね。

 そう言えば、女性出演者の中に「愛新覚羅・啓星」という名前の人がいて、たぶん清朝の皇族の血筋だろうとは思っていたのですが、この機会に調べてみたらやっぱり皇族の人・・・・・・って言うか、清朝を開いた太祖ヌルハチの14代目の孫に当たるそうで・・・・・・。映画で清朝の人間の役やってもおもしろかったかもしれませんが、映画での役は5.4運動の女学生で、警察署の前で「免罪」「冤罪」の布を震えながら掲げていた役やっていました。

Aa59892b07a3cc93e7cd402b

 あと関係ありませんが、映画『天安門』やドラマ『西安事変』の監督の葉大鷹(葉櫻)監督は、葉挺将軍の孫なのだそうです。

 それでは、コメントありがとうございました。また遊びに来てください。




>9月23日 『狙撃手』9話~10話BL感想にコメントくださった方へ

 おお、連絡しなくてごめんよ。

 台風、すごいって聞いてたけど、関東までそんなに大変だったとは知らんかったよ。でも無事なようで良かった。それともその前の台風のことかな?(両方か) あれは東京も相当ひどくやられたらしいね。もう地震の他にも大型台風とか洪水とか、自然災害はほんと避けようがなくて怖いからやめてほしいね。

 こっちもあんまり雨が降らない地域なんだけど、今年はひどかったよ。この前、道の一部が水没しました。ちょうど外出してて目撃したんだが、一台だけ道の真ん中で沈んでいた車が哀れだった・・・・・・でもあの車のおかげでそこがそこまで深くなっていることがわかって他の車の役に立ったよ。走っているとそこがそんなに深くなっているってわかんないものね。農村の方も長雨で作物腐ったり、道(非舗装)が崩れて孤立したりでもっとたいへんみたいね。雨が降らない地方だから、こんな長期の大雨にはいろいろ弱いみたい。

 たくさんの毛沢東、気にいってくれましたか(笑)。こうゆうオブジェ的な銅像はよくそのへんで売っているんだけど(外国人とかが面白がって買う)、こんなに一同に介しているのを見たのは私も始めてで圧巻でした。うっかり写真撮ってしまった毛沢東s(複数形)。

 うちのブログに来ると大量の毛沢東があなたをお迎えします!・・・・・・・・・ってのも微妙やね、微妙どころかやな出迎えだよね。

 すまん、九月はすっかり忙しくてご無沙汰したけど、またそちらの手ブロに行きます。また絵は増えてるかね? 

« 『狙撃手』9話~10話 BL感想 | トップページ | まさかの『建党偉業』日本公開(10月2日追記) »

コメントレス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1302395/42025942

この記事へのトラックバック一覧です: コメントレス3件:

« 『狙撃手』9話~10話 BL感想 | トップページ | まさかの『建党偉業』日本公開(10月2日追記) »