2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

ランキング

« 『太行山上』総合案内 | トップページ | 『地道戦』前半 »

2010年8月22日 (日)

『八路軍』2話~4話

あらすじ

 平型関の戦いに備える八路軍一一五師の戦士・劉宝和は、副師長・聶栄臻から優秀な宣伝員として趙栓柱を紹介される。趙の任務は三味線を武器に、歌で部隊の士気を鼓舞することであった。

Cap1023

三味線と歌で舞台を鼓舞する趙栓柱

 平型関で一一五師は日本軍を奇襲し、熾烈な白兵戦を繰り広げる。長時間の激戦の末一一五師は勝利を収めるが、戦場の狂気にあてられた趙栓柱は半ば正気を失い日本兵の死体を叩き続ける。趙は劉宝和によって正気にもどされるが、二人はあまりのむごたらしい戦場の様子に言葉を失う。

 一方、閻錫山は次の戦いで劉伯承率いる八路軍一二九師を正面から日本軍に当てようと計画する。しかし、一二九師の戦力では正面決戦は不可能であり、総司令官の朱徳は国民党軍は正面戦場、共産党は遊撃戦争を担当するという国共両党の取り決めを守るよう話し合いに行く。

 周恩来,第二戦区長官・衛立煌,閻錫山らは山西省省都・太原防衛について話し合う。周は毛沢東の戦術案を話し、衛の賛成を得るが、閻は自分の意見に固執して退けてしまう。 賀竜率いる八路軍一二〇師は、太原防衛線の一環として、雁門関で日本軍の補給線を切断する作戦を計画する。

 出征大会で、王鉄錘は自分の村が日本軍に襲われた時の様子を話し、戦士たちの復仇の意思を高める。しかし支給される武器の少なさに不満を持った王鉄錘は、老紅軍である指導員が持つ大刀を欲しがるが、逆にその態度を叱責されてしまう。

Cap893

銃弾は軍帽に入れて支給してもらいます、一人十発まで?

しかも、村で鍛冶職人をしていたことを買われ、戦闘には参加せず騎兵隊のために蹄鉄を打つ任務を与えられる。戦場で英雄になることを夢見ていた王は大いに失望し、戦場へ向かう仲間をうらやましがり自分が鍛冶職人の家に生まれたことさえ悔やむ。

 激戦の末、雁門関戦に勝利した一二〇師。その中で指導員が犠牲になり、王鉄錘は自分の浅慮を恥じ、これからは裏方の任務でも全力を尽くすことを形見の大刀に誓う。

 一方、太原の最後の防衛線である折口を国民党軍は全滅覚悟で必死で守るが、陸と空からの攻撃で多大な犠牲を出し、ついに日本軍に突破されてしまう。折口陥落によって閻錫山は太原陥落も時間の問題となった、と絶望する。

 日本軍の空から爆撃が戦闘の上で大きな障害になっているとして、八路軍一二九師は日本軍が建設した飛行場を探し、つぶすことにする。

 劉茜茜は飛行場の場所を探るため、学生時代の交友関係を利用して、今は日本軍の協力者になっている王晋財を訪ね、張黒白は護衛のため一時的に僧侶に戻って同行する。張は、「黒白」という名を奇妙に感じる一二九師の幹部たちに、いつか「黒水白山」と呼ばれる東北の地を取り戻すことができるようにと願って、父母が日本軍に殺される前につけたのだと説明する。

 劉茜茜と張黒白はうまく王晋財の客となるが、実は王は二人の正体を見抜いていた。劉茜茜の危機に、張黒白は僧侶の「不殺」の戒を破って王を殺し、飛行場の地図を手に入れる。

 一二九師は夜の闇にまぎれて日本軍の陽明堡飛行場を奇襲。

Cap903

129師の陽明堡夜襲

 飛行場と二十四機の飛行機の破壊に成功する。衛立煌は八路軍の総司令部を訪れて彼らを賞賛し、その戦術思想を学ぶ。連勝に沸く世論であるが、毛沢東はやはり太原の陥落は時間の問題と考え、抗戦継続のため山西に抗日根拠地を築くことを提案。

 太原を失うことにパニックになった閻錫山は、八路軍に娘子関の戦いに協力するよう強要する。それは困難な要請であったが朱徳は共同戦線のことを考えて承諾するものの、自分たちを利用することしか考えていない閻に副総司令官の彭徳懐は怒りを爆発させ、部屋に閉じこもってしまう。八路軍の幹部たちは、また彭徳懐のかんしゃくが出た、と困るが朱徳が説得に行く。




感想

 やばい、おもしろくない!

 そんな・・・・・・何故だ、題材が「八路軍」でなんでおもしろくならない? くそっ、CCTV(国営放送)め・・・・・・。こんなドラマに料理しやがって。

 そう言えば、同じくCCTV作成の『井崗山』も、せっかくの題材を際限までおもしろくなくしていたな。

 どんな題材もつまらなくする国営放送マジック!!

 いやだぁぁ、そんなマジック・・・・・・。民放が作ったドラマに出てくる八路軍の方がよっぽど魅力的だよ、見習えよ・・・・・・ってか

 もう国営放送は民営化したほうがいいんでない?

 さて、一応簡単な内容だけど、上述のように2話で115師,3話で120師,4話で129師が活躍し、それぞれの顔見せ回だったようだ。

 しかし、個々のキャラクターのエピソードにあまりインパクトも個性もないため、ストーリーとして残念な結果になってしまっている。

 その中でもかろうじておもしろいと言えるのが4話。

 これは主要登場人物の5人のうち、張黒白と劉茜茜が僧侶と女学生に変装して情報を探りにいく、というキャラクターが動くエピソードがあったためだろう。(2話の趙栓柱と3話の王鉄錘は、「一兵士」という縛りがあるせいで自由に動かせなくなってしまっている・・・)

 あと4話がおもしろいもう一つの理由は、ラスト付近で「彭徳懐の暴走」があったから(笑)・・・・・・まあ、「暴走」というほどでもないが。

 閻錫山から無理難題をふっかけられ、八路軍の副総司令官・彭徳懐がぶち切れてしまったシーン。

彭徳懐「閻錫山が軍を出さないと言うなら、我々だって知ったことか!」

(怒鳴って出て行く彭徳懐)

朱徳「あっ、老彭、老彭、老彭・・・・・・おいっ、老彭!」

(朱徳の呼びかけを無視して宿舎に帰り警備員に声をかける)

彭「警備員」

警備員「あ、はい」

彭「おまえは出て行きなさい。私は寝る」(帽子を机に叩きつける)

(中略)

(指揮所でため息をつく朱徳)

朱徳「やれやれ・・・・・・あいつめ、なんてことを」

任弼時「老総(朱徳)、焦らないで、私が彼と話してきます」

朱徳「彼は間違っている、誰があいつの間違いを正してやることなんてできる?」

佐権「彭総ときたらかんしゃく持ちですからねぇ」

任弼時「まったくです。あ、老総、とりあえず座ってください。あんまり怒らないで、私が彼を連れ戻してきますから」

朱徳「いや、だめだ、私が行こう」

  彭徳懐(のかんしゃく)キタッーー!

 やっとシナリオの王朝柱も本領を発揮してきたか?

 どうも今まで幹部クラスの描き方が「模範的」すぎて不満だったけど、4話目にして(やっぱり)彭徳懐がやってくれました。

 ぶち切れって会議を投げ出し家に帰ってしまう短気でかんしゃく持ちの彭総がステキ。朱徳をはじめ、司令部の「やれやれ、また彭総か」な雰囲気もいい感じ。・・・・・・つーか佐権副参謀長、達観しちゃっているな(笑)

 さて、家に帰ってしまった彭徳懐をどうやって連れ戻すか。5話目の展開になるが、ここで朱徳総司令の一枚上手ぶり(というより彭徳懐の単純ぶり)が遺憾なく発揮されることになる・・・・・・。



ピックアップ場面

 

 いまいちおもしろくならなかった2話~4話だが、その中でもちょっと良かったのが、2話で平型関の戦いが終わった後、戦場の狂気に当てられてしばしおかしくなってしまった趙栓柱。

 平型関の戦闘が終わった後も正気の状態に戻ることができず、すでに死んだ日本兵の遺体を叩き続けながら、何かえんえんとつぶやき続ける趙柱栓。

 彼がえんえんと唱え続けていた言葉は・・・・・・

「全国人民団結緊 一致来打小鬼子 全国人民団結緊 一致来打小鬼子 全国人民団結緊・・・・・・・・・」(「全国の人民はしっかり団結し ともに小鬼子を倒そう」)

 趙栓柱は宣伝員だ。上の言葉も最も典型的な宣伝文句である。

 そんな宣伝文句をはっきりと場違いな戦場で泣きながらえんえんと唱え続け、日本兵の遺体を壊れた機械のように叩き続ける光景は異様なものであった。

Cap866

 戦場の狂気に取り付かれた趙栓柱

 この時の役者さんの声や表情の演技が、趙が精神の均衡を崩した様がしっかりと伝わるなかなか凄惨なもので良かった。

 趙は駆けつけた戦友の劉宝和によって、何とか正気に返る。それでも「栄光の勝利」の後で、勝者である八路軍兵士が精神の均衡を崩す描写を入れたのは、製作側が戦争そのものが持つ狂気・悪を表現しようと試みたためではないかと思う。

 この時、趙が唱え続けていた言葉として「典型的な士気鼓舞の文句」を選んだのもなかなかのセンスだ。



以下、兄弟萌え腐女子の戯言語り。

林彪兄弟について。

 

 

 

 



弟(林彪)編



 さて、まずはあいかわらず涙なしでは語れない惨状(←外見的な意味で)となっている林彪について。


・コートバサッ!

Cap1024

 ↑上は風雲急を告げる平関型にて。ついに攻撃範囲に日本軍が入ってきたという急報に羽織っていたコートをバッ!と脱ぎ捨てる林彪(左)

・・・・・・って、林彪がこんなかっこつけぇなことやるかー!

ともツッコミたいが、むしろそう思うからこそ意外な行動がまた魅力的heart・・・・・・・ということもあったかもしれない。

・・・・・・でも、↑ようなごっつい林彪がそんなことをやってもなぁ・・・・・・いまいち萌えなかった。



・ギャップ萌えがだいなし

Cap864

 激烈な戦闘の中、戦況を正しくつかむため日本軍の砲撃飛び交う中へあえて身をさらす林彪(仮)。

 絵的にとても良いシーンになるところだったのに・・・・・・・いかんせん肝心の林彪が↑じゃねぇ~。

 これがもし史実に即して(?)、小柄で痩身で頼りなげに見える林彪だったら、そんな儚げな(?)外見をした司令官が砲撃飛び交う中に現れるという大胆な行動は、ギャップ萌えを多いに引き起こすような名場面となっただろうに・・・・・実に惜しい・・・・・・。

 ↑みたいなガタイのいいおっさんもどきが勇敢な行動したって、ギャップも何もあったものじゃないじゃないか!




兄(張浩=林育英)編

 さてさて、かろうじておもしろかった4話は、129師のターンということもあって、129師の政治委員であり、林彪の兄(従兄だけど兄と同じ扱いでOK) である張浩こと林育英が登場!

Cap900

129師政治委員・張浩=林彪の兄・林育英

育英お兄ちゃんキタッーーー!!

やった! 林彪の悪夢で心配していたけど、これは超OK! まさしく育英お兄ちゃん!!

うん、この↑育英も実際の写真と比べるとあまり似ていないけど、伝記とかで伝えられる育英の人柄を体現するような外見だと思う。

落ち着いていて、人間できていて、柔和かつ温和、ちょっと天然は入っていて、笑顔が素敵な努力と苦労性の人・・・・・・そんな特性を持つ育英の雰囲気にぴったりだと思う。

そうだな、一番大事なのは役者の外見がモノホンと似ているかどうかではない、その人物が持つ内面・雰囲気を体現できるかどうかなのだ。(このドラマの林彪の場合、外見が壊滅的なはもちろん、その雰囲気さえ跡形も残っていない)

と、ここで人物解説(後半、腐女子的解釈が濃厚です)



林育英=張浩とは?

1897年生まれ、本名・林育英。林彪の12歳年上の離れた従兄。その中国革命への貢献から、もう一人の林彪の従兄・林育南(1898年生まれ)とともに「林氏三兄弟(林育南,林育英,林彪)」と呼ばれる。従兄弟同士だが、兄弟と同等と見なしてよい。

 1921年、創設したばかりの中国共産党に入党。以後、林育南とともに林彪を革命の道へ導く。30年代前半は、主に満州やモスクワで活動。35年にモスクワで作られた「八・一宣言(抗日民族統一戦線宣言)」を、長征で連絡が途絶えていた党中央に届けるため、(捕まった時、証拠を残さぬため)全文を暗記して帰国。この時、名前を「張浩」と改めた。

 党中央を探し当てた後は、毛沢東の支持やコミンテルン連絡員の身分もあってか、急速に党内で高い地位につく(←このへん、なんで長年これといった活躍もなくポッと帰ってきた彼がかなり高い地位につけたのかいろいろ謎だ)。

 性格は温和で人当たりが良い、中国共産党のなごみ系とも言える存在。昔、「育南は天性の才能がある、育英は努力家」という何気に微妙な評価をもらっているように、才能溢れる兄弟に挟まれ(育南と林彪)何かと肩身の狭い思いもしただろが、それにもめげず努力惜しまず精進し、また兄弟のサポート役をこなした。苦労してきたため、謙遜家でたいへん人間ができている。(以下、ひどいので反転)

 度の過ぎたブラコンで、林彪のことが可愛くて可愛くて可愛くて∞しかたないらしい(ぶっちゃけ中国の伝記に書かれていた二人は、30代と40代の兄弟がこうもベタベタしているものだろうか、というくらい仲いい)。彼の唯一とも言える欠点は、弟にうつつを抜かしていることだろう。林彪も彼の前では猫を十匹かぶって素直な弟ぶりを発揮している。

 と、まあ、こんな感じ?(違う・・・)

 育英お兄ちゃんは、その地味なキャラと活躍度が災いして革命ドラマに出演することはあまりなく(あと出演していたのは『延安頌』ぐらい。あれはまた役者さんが違ったが、あれはあれで良かった)、その意味で『八路軍』は希少価値がある。

 でも・・・・・・八路軍129師政治委員時代は短いんだよなぁ、38年の初めには病気療養で鄧小平と交代してしまう・・・・・・しかもED見たらクレジットに名前が無いよorz。この素敵な役者さんは誰だったのだろう?

 あと林彪との絡みも見てみたかったが・・・・・・あんな林彪ならむしろ無くていいや・・・・・・。

 さて、最後に思わず収集してしまった素敵な育英スマイルの数々を置いておきます。私は、育英の笑顔はきっと素敵だっただろうと信じている(←とっても痛い人です)

・第一弾(4話)

Cap1026

 うわっ!


・第二弾(4話、左)

Cap1027

うわわっ!!

・第三弾(5話、左)

Cap923

うわわわっっ!!!

はああ、たっぷり堪能しました、ごちそうさまです。

ああ、こんな癒し系笑顔がふいうちできたらそりゃ思わずコロリとくるわ。さすがの林彪もイチコロだろうなぁ~。

« 『太行山上』総合案内 | トップページ | 『地道戦』前半 »

『八路軍』」カテゴリの記事

オリジナル人物」カテゴリの記事

抗日戦争」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1302395/35950431

この記事へのトラックバック一覧です: 『八路軍』2話~4話:

« 『太行山上』総合案内 | トップページ | 『地道戦』前半 »