2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

ランキング

« 『回民支隊』総合案内 | トップページ | 『八路軍』(TVドラマ)総合案内 »

2010年7月30日 (金)

謎の二重スパイ「八条」は誰?

 さて、ドラマ『西安事変』の中では、オリジナル設定として「八条」と呼ばれるスパイが暗躍して、東北軍・西北軍の重要な情報が外部に漏れてしまっている。

 東北軍の情報管理を統括する李青山が、この「八条」を追っているが、「八条」に関して確定的な情報は18話終了段階で以下の3つだけ。

  1.  西安市内に潜んでいる
  2.  表向きは戴笠の特務機関に属しているが、実は日本の特務機関に属する二重スパイである
  3.  日本人である

 現段階で最も「八条」である可能性が高いのは、ずばり鐘笑天。・・・・・・と言うか、ドラマはあからさまに彼が「八条」である可能性を随所で示している。

 まず彼について分かっていることと言えば

  1.  日本人
  2.  元大陸浪人で「嫦娥」というコードネームを持つ諜報員
  3.  今は戴笠の元にいる昔の友人「天狼」の依頼で東北軍などの極秘情報を流している

怪しい。 

 しかも彼は「天狼」の前では、「自分は中国人として」と言って戴笠たちのために働くことを誓っていながら、養子の鐘本鶴に対しては「私は日本人であることを忘れていない」と言い、中国人を見下すようなことを言っている。

 中国側に忠誠を誓っているふりをしながら、日本側にばんばん情報を流している・・・二重スパイの気配が実に濃厚である。

 その他にもドラマの随所で彼こそが二重スパイであるかのような伏線をはりまくっている。それは十人中九人が、鐘笑天=二重スパイ「八条」という図式を成り立たせられるほどわかりやすい伏線の張り方であった。

 ・・・・・・だが、18話まで見た時点でだんだん疑問がでてきた。

 いくらなんでもあからさますぎね?

 

 そして疑問をさらに強化したのが、連絡役に使われていた靴磨きの子どもが何者かに殺された件。

 この子どもは何も知らずにただ小遣い賃をもらって、「天狼」から文書を預かり「嫦娥」に渡す仕事をしていた。しかし、偶然、李青山がその場面を目撃し、「天狼」は彼に尾行されることになってしまった。

 その後、この子どもは靴を磨かせてもらおうとあるのあとを追い回し、殺されてしまっている。その後の場面で、この殺人に少なくとも「嫦娥」は関わっていないことが匂わされる。

 さて、これは李青山にマークされた「天狼」が、これ以上の情報漏えいを防ぐため女の部下を使って子どもを口封じに殺した、とも解釈できる。

 ・・・・・・しかし、故意にこの女の顔を写さないようにしているかのようなカメラワークになっているのが気になる。これはこの女が単に戴笠系の女特務その一ではなく、もっと重要な役どころであることを示唆しているかのようである。

 実は、繰り返されるあからさまな「嫦娥」=「八条」描写は、監督がしかけた視聴者へのミスリードなのではないだろうか?

  考えてみえば、「天狼」が戴笠のために西安に放ったスパイが「嫦娥」だけとは限らない。しかし、表向き戴笠系の「天狼」に仕えているが、実は日本のスパイ「八条」が紛れ込んでいた、というのではなかろうか?

 実は、この時、子どもを殺した謎の女こそ、「八条」なのではないか?

 彼女もまた表向きは戴笠系に属しているからには、この子どもとの接触があっただろうし、この子どもが李青山にマークされた以上、自分の秘密を守るため殺害した、という可能性は充分に考えられる。

 だが、このドラマでの女性キャラは非常に限られている。

 まあ、まったくの新キャラという可能性もあるが、とりあえず今までに登場(?)した女性キャラはこの6人だけ。

  1. 張学良の第二夫人・趙一荻
  2. 楊虎城の妻
  3. 蒋介石夫人・宋美齢
  4. 楊虎城の戦友の遺児で養女になった趙文青
  5. 東北大学の学生自治会長・柳葉児
  6. 西安郊外を荒らしまわす馬賊・馬上飛一味の女馬賊

 女性キャラ少な!

 ・・・・・・まあ、とりあえず、オリジナル要素が強い上に明確に「日本人」とされている「八条」が実在人物である1~3の女性である可能性は限りなく薄い。

 と、するとオリジナルキャラの4~6だが、1話しか登場してない(しかも声だけ)謎の女馬賊が「八条」の可能性も除外していいだろう。

 と、すると考えられのは

Cap425

↑趙文青か

Cap428

↑柳葉児ってことになるけど・・・・・・。

 そう考えると急に「趙文青」が怪しくなってきた!

 まず柳葉児は東北大学の学生会長で、西安に来る前から他の学生たちに知られており、身元はしっかりしていると思われる。

 しかし、趙文青は「楊虎城の戦友の遺児で、父の死後、母と二人で暮らしていたが、その母も亡くなり、その遺言で楊虎城を頼って西安に来た」という(実際、楊虎城も戦友の死後姿を消した母子の面倒をみようと長年探していた)。

 でもこれ、

 全部彼女の自己申告なんだよね・・・・・・。

 

 いや、待て、確か彼女は楊の戦友の娘であることを証明するため、家族写真を見せたはず!

 で、その場面を確認、確かに家族写真に写っていた。でも

 彼女10歳前の写真だけどね!

 や、今の彼女は16歳なのだから、10歳以前の写真見せたって同一人物かどうかわからんだろ。単に写真をゲットして提示しただけじゃなかろうか?

 確かに楊の戦友はその娘が10歳ころに死んだという話なので、父娘関係を証明するのに小さい頃の写真を見せるのは仕方ないかもしれないが・・・・・・でも、楊虎城は戦友の妻のことも知っているのだから、最近母親と一緒に写っている写真でも良かったのではなかろうか?

 つーか、楊虎城も自己申告と小さい頃の写真だけであっさり信じるなよ・・・・・・。

 

 そもそも彼女は何のためにドラマに出ているのか?

 最初は「西安事変」という歴史ドラマに一般人の視点を加えることを目的としたのかと思っていたし、今でも別にそれでも不自然ではない。 

 また戴笠系スパイであることが明白な鐘笑天の息子・鶴本と恋仲になったという展開から、笑天に騙された人質にとられ、楊が追い詰められるという展開になるのかとも思う。

 

 う~ん、疑えば疑うほど怪しく思えてくる趙文青ですが・・・・・・出来れば彼女が「八条」でないことを切に願います(疑いかけといてなんですが)

 だって、それじゃあ、楊虎城かわいそうすぎるもの!

 だってあんなに趙のこと「実の娘」としてかわいがっているんだよ!?(「今日から私のことをお父さんと思いなさい」)

 年頃の娘っていうのは難しいぜ、って半分デレながらパパになろうとしているんだよ!?(「まだ子どもなのに、恋なんて早くないか?」)

 なのに、彼女がスパイだったらただでさえいろいろかわいそうすぎる楊虎城がさらにかわいそうになるじゃないかー!(これが愛人に騙されただったらまだ自業自得だが、人情から親子になった娘に騙されたんじゃ目も当てられない)。

 いっそ、やっぱり鐘笑天=「嫦娥」=「八条」なあからさまな展開の方が百倍救いがあります。

 あと、「子どもを殺した謎の女」がさして意味を持たないなら「天狼」が「八条」っていう可能性もありますね。「嫦娥」に収集させた情報を、戴笠に送る一方で日本側にも渡していたというのは、無理の無い展開でしょう。また、子どもからこれ以上の情報が漏れるのが困るのは彼も同じ。

 さて、結局、謎のスパイ「八条」の正体は

  1. 趙文青
  2. 鐘笑天
  3. 「天狼」

 を有力候補として、私の予想が当たるかどうか見ていこうと思います。

 でも当たったら泣く。

(あ、大穴で「鐘鶴本」というのもあるかな)

 

« 『回民支隊』総合案内 | トップページ | 『八路軍』(TVドラマ)総合案内 »

『西安事変』(TVドラマ)」カテゴリの記事

歴史人物」カテゴリの記事

辛亥革命~抗日戦争」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1302395/35110615

この記事へのトラックバック一覧です: 謎の二重スパイ「八条」は誰?:

« 『回民支隊』総合案内 | トップページ | 『八路軍』(TVドラマ)総合案内 »