2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

ランキング

« (夏なので)抗日戦争モノ特集でもやってみようかと | トップページ | 謎の二重スパイ「八条」は誰? »

2010年7月29日 (木)

『回民支隊』総合案内

Cap396

放映:1959年

製作:八一映画

監督:馮一夫、李俊

脚本:李俊、馬融、馮一夫

出演:里坡(馬本齋),胡朋(馬の母) ,買方(政委)

※白黒,中国語字幕無し

評価

ストーリー:★★         人物造詣:★★★

文学度:★★★         エンタメ度:★

萌え度:★★           総合お勧め度:★★

あらすじ:日本軍に蹂躙される河北(冀中)の回族の村。元軍人の馬本齋は、回族の男たちを糾合し、抗日武装集団を結成する。しかし、抗日への闘志はあるもののいい加減な生活に慣れた男たちは、厳しい規律に不満を覚えるようになる。また馬本齋も高圧的な態度で挑み、それを母に注意される。

 やがて馬本齋は共産党の八路軍指揮下に入ることを決め、彼の部隊は「回民支隊」となる。しかし離反者も現れ、さらに馬の母も日本軍に人質にとられてしまう・・・・・・

解説:河北の回民支隊とその指導者である馬本齋(実在人物、ムスリム)およびその無名の母を描く。

回民支隊とは?

 抗日戦争時代、回族主体で結成され、共産党・八路軍の指揮下で日本軍と戦った部隊。

 回族とはイスラーム教(回教)の信徒のこと。中国では、彼らは各地で村などの共同体を作り、一つの民族と同じ扱いになっている。映画の舞台となっている河北省は回族が多い地域である。

 華北の他の地域にも共産党指揮下の回民支隊は存在したが、馬本齋率いる冀中平原(河北省)の部隊が特に有名。また映画中で馬本齋の母が日本軍の人質に取られた話も実話を元にしている。

簡単感想:回族の抗日闘争を描く、と言う点で異色作と言えるかもしれない。従来の抗日戦争では、抗日の戦士は極めて模範的人物として描かれることが多いが、本作では血の気が多いばかりで、粗野で無教養で飽きっぽい、ほとんどごろつきと変わらないような抗日戦士たちの姿が描かれるのもなかなか興味深いだろう(ただし、私はこの点についてある大きな問題を感じている。後で詳しく論じたい)。

 その中で、一人まじめな馬本齋の情熱が、見事に空振りばかりして、ついには高圧的暴力的な手段で部下を押さえつけようとする様子も見所だろう。

 だが、一番の注目は馬本齋の「無名の母」の存在である。封建社会の中で女の地位は「生まれては父に、嫁しては夫に、老いては子に従え」とあるように極めて低い。あらゆる権利や教養から疎外された存在であり、時には人間扱いさえされない。

 馬本齋の「母」もまた、そのような無数の無名の女性の一人だったのだろう。作中で彼女は、このような国家の大事に女が口を出すべきではないとばかりに、回族の指導者となっていく息子をただ見守りながら縫い物をしている。しかし、情熱が空回りする息子が部下を暴力で従わせようとした時、彼女は息子の前に立ち「そんなことはしてはいけない」と静かにだが力強く諭し、反省させる。

 そして、ついに皆に見放され一人になった息子を慰める場面、さらに日本軍に捕まりいっさいの懐柔策を拒否して衰弱していく場面・・・・・・その姿のなんと凛としていることか。映画の中で、この無名の取るに足らない控えめな一人の女性は、無限の慈愛と強さを持った存在となって見る者に迫ってくるのだ。

 おそらく彼女のような「母」は無数にいた。女は自己主張しないことが美徳される時代にただ耐え続け、何の力もなく、名前も言葉も歴史に残すことのできず、おそらく難しい「救国の道理」も理解できない「母」たち。しかし、映画は逆接的にもそのような「母」の中にこそ、民族解放の原動力を見たのではないだろうか? 馬本齋の「母」は、英雄の影にいるそのような無数の「母」の象徴なのであろう。

 ・・・・・・で、蛇足だけど・・・・・・馬と政治委員の関係も萌え!(すいません)↑ちなみに上の画像は馬本齋と政委だけど、政委は片腕を戦闘で失ってありません。 

購入可能なショップ:現在、見つけられません。(神保町などの中国書店などにお問い合わせください)

※本作は中国語字幕がついておらず、ブログ主はいつも以上に内容の正確な把握が困難です。そのため紹介は簡略モードで行います。

« (夏なので)抗日戦争モノ特集でもやってみようかと | トップページ | 謎の二重スパイ「八条」は誰? »

その他」カテゴリの記事

抗日戦争」カテゴリの記事

歴史人物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1302395/34946495

この記事へのトラックバック一覧です: 『回民支隊』総合案内:

« (夏なので)抗日戦争モノ特集でもやってみようかと | トップページ | 謎の二重スパイ「八条」は誰? »