2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

ランキング

« 中国ドラマ・映画を分類 | トップページ | コメントレス »

2010年6月27日 (日)

『馬賊的妻子』

Cap423_2

放映:1988年

製作:八一電影

監督:楊昭仁

シナリオ:王宗漢

出演

呉莉婕(秦玉竹)、巫剛(曲文漢)、姜華(草上飛)、王躍進(曹士林)

評価

ストーリー;★★                キャラクター;★

文芸度;★★★★                エンタメ度;★

萌え度;★                    総合お勧め度;★★

簡単あらすじ:

日本占領下の満州。女学生・秦玉林は馬賊の曹士林に強姦される。しかし、後に曹が抗日の旗を掲げたため、秦の婚約者にして抗日遊撃隊隊長の曲文漢は仇討ちができなくなってしまう。絶望した秦は、別の馬賊の頭領・草上飛の元に行き・・・・・・

簡単解説:

 舞台は日本占領下の満州。つまり満州国。しかし郊外ではまだ多数の馬賊が存在し、それぞれアウトローな暮らしをしていた。一方、抗日遊撃隊も存在し、この馬賊たちを時に討伐対象とし、また時に抗日陣営に加わらせていた。日本軍は日本軍で、馬賊を討伐したり、利用したり、あるいは互いに不干渉であったり・・・・・・とそんな複雑な状況であった。

 本作は、発表年代,テーマ,民衆像からして、確実にいわゆる中国映画の「第五世代」の作品であろう。

 ただ何と言うか・・・・・・ラストまで見て思ったのだが・・・・・・第五世代も大変だったんだなぁ~、と思った。

 何しろ今までとはまったく違うタイプの映画を作り出した世代だ。何もすぐに成功ばかりしていたわけではない、ということがこの映画を見てわかった。

 新たな中国映画のあり方を必死に模索している様子が伝わってくるような作品です。う~途中まではすごい良かったのだけどね・・・・・・ラストのあれはないだろう・・・・・・。う~ん、惜しい・・・・・・。

 ただ扱っているテーマは興味深かったので、いつか詳しく論じてみたいと思う。

 それにしても撮影協力が「人民解放軍獣医隊」ってのが笑った。珍しいのが協力しているなぁ。

取り扱いショップ:現代中国映画上映会(取り寄せ)

詳細あらすじ

※以下、作品のネタばれを含みます

 日本占領下の満州(東北)。

 女学生の秦玉竹は、馬賊の曹士林に父を殺され、自身も強姦されてしまう。

 秦と愛し合う婚約者で抗日遊撃隊隊長の曲文漢は、曹士林がいる馬賊・肖一味の討伐に向かうが、肖は抗日の旗を掲げ、抗日の隊伍に加わりたいと申し出る。

 公然と抗日の旗を掲げた曹士林らを曲文漢らの部隊は討つことができず、曲文漢は秦玉竹の懇願を振り切り、断腸の思いで曹らと同盟を結ぶ。

Cap447

突然、抗日の旗を掲げ、討伐を免れようとする 

 絶望し曲の前から姿を消した秦玉竹は、馬賊・草上飛と偶然知り合う。草上飛の腕を見込んだ秦玉竹は、一味の根城に乗り込み、自分を妻にしてほしいと申し出る。

Cap47

草上飛の根城に乗り込む秦玉竹 

 草上飛がなかなかの好漢だと聞いた曲文漢は、抗日の隊伍に加えるべく、彼の元を訪ねる。だが、そこではまさしく行方不明だった婚約者・秦玉竹と草上飛の結婚式が行われていた。

 曲文漢は動揺を抑え、草と同盟の話を進めるが、曲と秦玉竹が婚約者だったことを知った草上飛は激怒し、二人を追い返そうとする。しかし、秦玉竹は草上飛と結婚することを望み、また草上飛も抗日の隊伍に加わることを約束する。

 結婚はしたものの、秦玉竹は毎日思い悩んだ様子で過ごしている。すっかり彼女を愛するようになっていた草上飛は、装飾品や女学生であった彼女のために本を集めてくるが、秦の望みは一刻も早く曹士林を殺すことであった。

Cap448

妻のために本を用意する草上飛 

 妻のために抗日の兄弟部隊を攻撃しないという約束を破って、曹の拠点を迫る草上飛。駆けつけた曲文漢も彼を止めることができず、密かに曹士林を安全な場所に逃がそうとする。

※以下、ラストのネタばれ(文字反転)

 曹の逃亡を知った草上飛は追跡するが、待ち伏せしていた曲文漢の部隊に襲われ囚われてしまう。曲は、草上飛を取り返そうとする秦玉竹を無慈悲に振り払って、草を曲と曹の連合部隊の日本軍襲撃作戦に参加させる。

 その後、曲文漢は草上飛を解放するが、そのことに不満な曹士林は日本軍に寝返ってしまう。

 草上飛は、これで心置きなく曹を討てると部下を連れて出撃する。曹が日本軍の部隊を連れて待ち伏せしていることを知った曲は、草を止めに行くが、草らはそれを振り切って行ってしまう。

 彼らを追いかけた曲文漢の見たものは、曹士林と日本軍部隊と相打ちになった草上飛らの遺体であり、その中で一人無事であった秦玉林の姿であった。だが、曲も最後の力で引き金を引いた曹士林に撃ち殺されてしまう。

 秦玉林は、曲文漢の遺体に取りすがって泣き崩れ、彼を背負って一人どこかへ向かっていく・・・・・・

劇終

« 中国ドラマ・映画を分類 | トップページ | コメントレス »

その他」カテゴリの記事

オリジナル人物」カテゴリの記事

抗日戦争」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1302395/35230871

この記事へのトラックバック一覧です: 『馬賊的妻子』:

« 中国ドラマ・映画を分類 | トップページ | コメントレス »