2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

ランキング

« 『西安事変』11話~13話 | トップページ | 『西安事変』14話~16話 »

2010年5月17日 (月)

コメントレス

 いただいたコメントの公開はしていないのですが、せっかくいただいたのに何も反応しないのはやっぱりなんだか悪い気がしてきました。

 なので、定期的にエントリーを立ててそこでレスすることにしました。いただいた方の名前は公開しないので、心当たりがあるレスを探してください。

・・・・・・まあ、これがいい方法とも思えないのですが・・・・・・コメントの扱いについてはどうするのが一番いいかな?と思案中です。

 とりあえず、今までコメントくださった方ありがとうございました。

5/5

>跪下

 皇帝への挨拶だったのですね。このドラマはかなり細かい点まで調べているみたいなので、たぶん実際の東北軍でもこういうのがあったのだと思いますが、確かに封建的ですよね。おもしろいのはドラマの中で、他の登場人物は私服で中国服を着ることがあるのに、張学良だけは軍服でなければ必ず洋装なんです。絶対中国服を着ない。張学良は欧州で過ごしたことがあって(で、イタリアのファシズムにちょっと憧れ(笑))、そのせいかちょっと西洋かぶれしている面があるのですが、その一方でこういう封建的なことをやってしまう。そのギャップもまたおもしろいと思います。

>公共図書館

 そう、以外にも親切なのですよ。DVDコーナーの説明をしてくれた他には、職員が進んでカウンターから出てきて探している本のある場所に連れていってくれたり、手続きの場所とかまで付き添ってくれたりするのです。だいたい階段の上り下りが必要でしたが、嫌そうな顔をされたことはないですね。「為人民服務」が自然な形で発揮されているように感じました(笑)。・・・・・・まあ、中には確かにいまいちな職員もいましたが。総体的に見て、日本の図書館と同じくらいのサービスは期待できるかな、と思います。

 あと、博物館の学芸員さんもけっこう親切ですよ。思わぬ情報を教えてくれる場合もあります。

« 『西安事変』11話~13話 | トップページ | 『西安事変』14話~16話 »

コメントレス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1302395/34758448

この記事へのトラックバック一覧です: コメントレス:

« 『西安事変』11話~13話 | トップページ | 『西安事変』14話~16話 »