2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

ランキング

« 『西安事変』一話あらすじ | トップページ | 『西安事変』2~3話 »

2010年2月19日 (金)

新聞の無知

 毎日新聞は、一部のネットウヨに意味不明の理由で叩かれており、それに迎合したくはありませんが・・・・・・ちょっとこういうブログをやっている者としてあんまりだと思ったことを一言。

 「日中歴史共同研究」という日中の歴史学者による両国の歴史研究プロジェクトというのがあって、共同とは言っても同じ時代を日中双方の学者がそれぞれ書く(つまり近現代なら二つの論文が出てくる)らしいのですが・・・・・・これがけっこう大きな話らしく、各大手新聞がこぞってその結果について論評しています。

 ・・・・・・まあ、どの新聞社も「中国も実証的な研究ができるようになった」とかテンプレのように上から目線でものを言っていますが・・・・・・それは深くツッコミますまい。

 ただ、これはひどい。 (引用はこちらのまとめサイトのものを使いました。赤字強調はブログ主によります。「http://www16.atwiki.jp/pipopipo555jp/pages/2504.html」)

『 中国側の革命史観にとらわれない記述で注目されるのは、抗日戦争での共産党と国民党との関係性だ。「国共両党の間にいろいろ摩擦が起きているが、両党が協力して日本に抗戦する大局は一貫して変わらなかった」と記述した。

 中国では中台関係改善の流れを受け、抗日戦争での国民党の役割を見直す動きが進んでいる。報告書は、国民党が中国を代表して行った列強との交渉や当時の国際情勢にも多くの紙幅を割き、日中戦争をより広い視野からとらえている。

 日本の敗戦についても「歴史の転換点」と指摘し、「平和発展の道を歩み出した」と評価した。これは日本の「軍国主義化」を警戒する中国の若者を中心とした「愛国世論」とは異なっている。

 だが、こうした歴史研究は国内で論議を呼ぶ可能性もあり、革命史観に基づく歴史教科書や大衆向けドラマに反映されるには相当な時間がかかりそうだ。』(毎日新聞2月1日 朝刊)

 

 はあああ? なに言ってんの?

 教科書はどうか知らんけど、大衆向けドラマについてはとっくの昔に反映されているよ。

『また、某新聞は今回、中国が革命史観でない、国民党を評価する歴史観を示した、などと書いている。最近の中台接近によるものだ、とも。ただ、こうした歴史観がドラマなどに反映されるのは時間がかかるとか。笑いを通り越して脱力する。
 中国では、抗日戦争における国民党軍の貢献や役割については80年代から触れられており、映画「血戦台児庄」(1986年、楊光遠監督)ですでに描かれ、当時問題作として大変話題になった。最近の「南京!南京!」でも、南京大虐殺を描きながらも日本人兵士の戦争への苦悩を描いている。勉強してない記者が読者をミスリードするいい例だ。(http://blog.goo.ne.jp/xmengfu/e/e8988cd4947c95aa0cd3f7d1b9cd7631)』

 「血戦台児庄」だけでなく、最近中国のテレビドラマで流れている抗日戦ものを見れば、むしろ国民党の活躍や「共同抗日」を描くのはすでに当たり前になっている感さえある。「狙撃手」(2009年)とか「中国兄弟連」(2008年)とか「我的団長我的団」(2009年)とか「〔シ真〕西1944」(2010年)とか・・・・・・

 まあ、私も中国に来て、あまりの国民党の扱いの変化や国共が仲良く抗日をやっていること自体はネットであまり議論になっていない(つまりすでにそういうドラマが登場して久しいということ)ことに随分驚いた。まさか、そういうことになっているとは中国に来るまで思っていなかった。

 だから毎日新聞の記者に、中国のドラマについても熟知しておけ、というのは少し酷な要求かもしれない。

 しかし、全国に多くの読者を持つ新聞がいつまでも古い情報を繰り返したり誤解を再生産するのは、やっぱりダメだろう。

 ・・・・・・しかも、よく見たらこの解説書いている人、北京特派員みたい・・・・・・おいおい、日本にいる記者が旧聞に基づいて適当に書いているならまだしもさ(汗)

 ともかく、その政治的意図や是非は別として、中国のドラマにおいて国民党の活躍や国共が仲良く抗日するのはもう当たり前のことです。

 いっそ仲良くしすぎて(以下、腐女子向け文章。反転してお読みください)

 もうおまえらBLか! BLなのかーー、とか思うほど仲いいんだけど。長年の国共対立の反動のように、イデオロギーを超えてカップルが成立している模様です。

 しかもCPとは言っても、国民党と共産党は本来は敵。ロミジュリ的な要素や愛憎劇が加わってもう非常に萌える。

 「狙撃手」なんて絶対狙ってやっているとしか思えないし、「中国兄弟連」もまだ最初の方しか見ていないけどOPがいかにもBL要素に満ち満ちています。はああ、毎日新聞はこんな素晴らしい萌えドラマの存在を抹殺するなんて!

 ・・・まあ、そういうわけで、毎日新聞の解説は間違っていますよー、という話でした。

« 『西安事変』一話あらすじ | トップページ | 『西安事変』2~3話 »

雑談」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1302395/33449637

この記事へのトラックバック一覧です: 新聞の無知:

« 『西安事変』一話あらすじ | トップページ | 『西安事変』2~3話 »