2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

ランキング

« 映画『風暴』前半 | トップページ | 『西安事変』(TVドラマ)総合案内 »

2010年1月29日 (金)

映画『風暴』総合案内

Cap211_2 


映画
98分)

製作:北京電影

放映:1959年

監督:金山

脚本:金山

俳優:李翔(林祥謙)、金山(施洋)


評価

ストーリー:★★      人物造形:★★★

エンタメ度:★        文学度:★★★★

  萌え度:★★      総合評価:★★★



林祥謙が良かったのでだいぶ甘い評価になってしまった。予想していたよりストーリーも(この時代の映画にしては)おもしろい。

2.7惨案とか林祥謙に興味がある人にはお勧め度は★5つ。



簡単あらすじ
1924年、湖北省の省都武漢。鉄道労働者の林祥謙と弁護士の施洋(ともに共産党員)は、悲惨な境遇にある京漢鉄道(北京-武漢を結ぶ鉄路)の労働者を糾合し、労働組合を結成。労働者の権利を弾圧する軍閥・呉偑孚<ご はいふう>に対抗するため、京漢鉄道のすべての列車を停止させる一大ストライキを決行する。どんな手段を使っても鉄道の運行を再開するよう欧米諸国から圧力をかけられた呉偑孚は軍を動員して血の弾圧に乗り出し……。


解説・評価・感想
:「
2.7惨案」と呼ばれる史実の忠実な再現を目指した映画であり、林祥謙と施洋も実在の人物。この2.7惨案は、中国の労働運動およびそれに立脚していた中国共産党の路線を転換させる事件であった。

 「紅色風暴」という演劇を改編したもので、新中国成立後最初の本格的な工人運動を題材にした映画である。

 ストーリー、キャラクター、音楽、映像構成など典型的だが、プロレタリア映画としての様式美に満ち溢れている。

 どーでもいい感想だけど、私は林彪の従兄弟で林育南という日本でいったい何人に名前を知られているのかも不明なドマイナーな人物が好きで、その林育南がこの京漢鉄道の労働運動にだいぶ関わっているので、もしかしたら彼も出てくるかもしれない! という一縷の望みにかけてこの映画を見てみたが・・・・・・出てなかった・・・うん、そうだと思っていたさ、悲しくなんかない・・・・・・。

 でも2.7惨案はすごく興味を持っている事件だし、林祥謙も好きなので全体的には良かった。2.7惨案と林祥謙または施洋に興味がある人はぜひ! という映画。



購入できるショップ

今のところ、見つけられません。神保町などの中国書籍扱い店などに相談してみてください。

« 映画『風暴』前半 | トップページ | 『西安事変』(TVドラマ)総合案内 »

『風暴』」カテゴリの記事

歴史人物」カテゴリの記事

辛亥革命~抗日戦争」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1302395/33176211

この記事へのトラックバック一覧です: 映画『風暴』総合案内:

« 映画『風暴』前半 | トップページ | 『西安事変』(TVドラマ)総合案内 »